一世風靡 ナツカシモノ おもちゃ・玩具編
おもちゃ
玩具
文房具 食品
お菓子
飲み物 ファッション
洋服
通販商品 健康グッズ 電化製品 ペット
動物
小物 番外編



ツインファミコン



当時の人気ぶり・・・
1986年にシャープ株式会社が発売した、任天堂のファミリーコンピュータの互換機です。その本体には当時任天堂が売り出していたファミリーコンピュータとは別売りだったディスクシステムの装置を標準搭載した仕様になっていて、切り替えスイッチ一つでロムカセットのゲームとディスクシステムのゲームが両方遊べたという画期的なもの。本体のカラーは赤と黒の2色が発売され、定価は32000円と少々高価でしたがそこそこのヒットを飛ばしたようです。当時ディスクシステムのソフトを持っているクラスメイトはファミコン人口で言えば少数派だったので、持っていると人気者になれた方も少なくはないかも?

現在の状況(その後)
その姿は時代がスーパーファミコンに移りゆく中で徐々に消えていきました。元はと言えばなぜ任天堂の商標登録であるはずのファミリーコンピュータの周辺機器を、全く関係のないシャープが売り出せることになったのはなぜでしょう。正解は諸説ありますが『ファミコン』というファミリーコンピュータの省略形の言い方を電気機器メーカーであるシャープが取得していたことにあります。ファミコンの商標登録を任天堂に譲る変わりに、シャープはツインファミコンを売り出すことが出来たと言う、その後のゲームハード戦略に影響を与えるような事例を生み出した商品でもあるのです。電源をとるためのACアダプタが完全な専用品なので、ACアダプタだけがネットオークションでは珍重されたりする場面もあるようです。



次へ




TOPに戻る