一世風靡 ナツカシモノ 番外編
おもちゃ
玩具
文房具 食品
お菓子
飲み物 ファッション
洋服
通販商品 健康グッズ 電化製品 ペット
動物
小物 番外編



ベスパ



当時の人気ぶり・・・
このバイクは映画ローマの休日で、当時人気絶頂のオードリー・ヘプバーンとグレゴリー・ペックがローマ市内を二人乗りしながら走り抜けるシーンで一躍有名になった、スクーターの代表格ですね。イタリアのピアジオ社製で、製品名であるベスパはスズメバチという意味らしいです。何と言っても日本国内でその人気が爆発した理由と言えば、テレビ放映された『探偵物語』の劇中で工藤ちゃんこと松田優作が乗りまわしたベスパP150Xの影響でしょう。排気量が小さめの50〜125ccくらいの小型車種に特に人気が集中して、イタリアでは製造が終了したモデルも日本にだけ特別に再生産するほどの過熱ぶりをみせました。若い愛好家は当時松田優作演じる工藤ちゃんの格好のマネまでして乗っていた方もいましたね。

現在の状況(その後)
独特の愛らしい形状とその完成度の高さから今現在もたくさんの愛好家が世界中にいます。今はあまり走っているところを頻繁に見かけることは無くなってしまいましたが、ビンテージシリーズなど人気の高かった車種は高値で取り引きされているようです。新車も50〜100万円くらいするものがゴロゴロあるので、なかなか手を出すのも大変かも?ウィンカーがハンドルのグリップの横についているモデルが多く、転倒するとウィンカーのカバーがすぐ割れてしまうと言う経験をした方は多いかと思います。国産のスクーターではないので部品の関係で修理も大変だったり、給油に関してもガソリンとオイルを混合しないと走れないなど、友人が乗っていた時の苦労を語ってくれたことを思い出します。好きな人にはその愛でる感覚がたまらないのでしょうね。



次へ




TOPに戻る